MACアドレスから位置特定するやつ

mapdata
無線APのMACアドレス

何これ

「Google Maps Geolocation API」を用いて、無線APのMACアドレスを基に、「その無線APの電波が届くような位置」を特定するWebサービスです。 位置特定については、下記のWebサイトをご覧ください。

仕様変更により、現在では上記のような方法は使えないのですが、本Webサービスは最新仕様に対応したものです。 ドキュメントに関しては、「The Google Maps Geolocation API - Google Maps API for Business — Google Developers」をご覧ください。

MACアドレスについて

48bitで、16進数で表現されたアドレスのみの対応です。許して。そして、APIの制約上、MACアドレスが2つ以上必要となります。

入力と出力を全部取っておけば、単一のMACアドレスからでも位置特定できそうですが、そんなことはしていませんので、安心してご利用ください。

使用回数について

お金が無いので、APIの無料範囲内でAPIを叩いています。なのですが、無料範囲内が「全体で100Req」なのか「100Req/日」なのか分かりません。英語出来ないからね。仕方ないね。

ということで、怖いので、現在50Reqまでで設定しています。許してください。

MACアドレスからの位置特定について

このように、容易に位置特定が出来てしまいますので、MACアドレスは公開しないよう、お気を付けください。

しかし、街中でモバイルルータからの無線を傍受されてしまえば、住所を知られてしまう危険があります。

そこで、SSID名の末尾に「_nomap」と付けることにより、Googleの管理する位置DBから情報を削除するようになっています。

この措置は、Googleだけなのですが、位置DBを作り上げるだけの組織力があり、一般にも情報を公開しているのは、現状ではGoogleくらいなので、不安な方は「_nomap」と付けましょう。